解説薬師三尊・醍醐寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
国宝・醍醐寺の薬師三尊(やくしさんぞん)国宝
薬師三尊(やくしさんぞん)
醍醐寺


醍醐寺(だいごじ)は、京都の中心部から南東にある醍醐山(だいごさん/笠取山/かさとりやま)一帯に境内を持つ広い広いお寺です。今から1150年近く前に建立され、修験者の霊場として発展した上醍醐(かみだいご)、醍醐天皇(だいごてんのう)の帰依を受けて栄えた下醍醐(しもだいご)に分けられます。豊臣秀吉(とよとみひでよし)が「醍醐の花見」を行なったことでも有名です。「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されています。

薬師如来は、上醍醐の薬師堂のご本尊です。像高176cm。1100年前に建立された薬師堂とともに造像されたと考えられています。どっしりした体格のとても威厳のある仏さまです。いまは、お山を下りられ、霊宝館に安置されています。


国宝:醍醐寺の薬師三尊(やくしさんぞん)について
正式名称 もくぞうやくしにょらいおよびりょうきょうじぞう
木造薬師如来及両脇侍像
造像年代 平安時代前期
国宝指定 昭和28年(指定番号76)
所蔵寺 醍醐寺
所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
醍醐寺
周辺
宿泊施設
拝観料 下醍醐:三宝院庭園・殿舎600円、伽藍(金堂内部含む)600円、
霊宝館(季節により開館)600円、上醍醐(季節により入山可)600円
アクセス 京都市営地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分
TOPPAGE  TOP