解説薬師如来・神護寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
神護寺の国宝薬師如来(やくしにょらい)国宝
薬師如来(やくしにょらい)
神護寺


神護寺(じんごじ)は、京都の中心部から北西にある高雄山(たかおさん)の中腹になる山岳寺院です。開基は、和気清麻呂(わけのきよまろ)。最澄(さいちょう)が講義を行なったり、空海(くうかい)が在籍していたこともある名刹です。

薬師如来は、像高170cmあまり。金堂に安置されている神護寺のご本尊です。少なくとも1200年以上前に造られました。目を細めた落ち着いた表情は、頼れる風格を醸し出しておられます。


国宝:薬師如来(やくしにょらい)について
正式名称 もくぞうやくしにょらいりゅうぞう
木造薬師如来立像
造像年代 9世紀
国宝指定 昭和26年(指定番号2)
所蔵寺 神護寺
所在地 京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
神護寺
周辺
宿泊施設
拝観料 500円
アクセス JR京都駅から車で60分
阪急京都駅・京都市営地下鉄烏丸線四条駅から車で50分
TOPPAGE  TOP