解説薬師如来・仁和寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
仁和寺の国宝薬師如来(やくしにょらい)国宝
薬師如来(やくしにょらい)
仁和寺


仁和寺(にんなじ)は、菅原道真(すがわらみちざね)の庇護者としても有名な宇多天皇(うだてんのう)の開基となる名刹です。
仁和寺の地は、宇多天皇が退位された後、出家されてお住まいになったので、御室御所(おむろごしょ)と呼ばれ、明治維新を迎えるまで、出家した皇子や王子が門跡を務めていた格式の高いお寺です。「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されています。また、桜の名所としても知られ、国の名勝にも指定されています。

ご本尊の阿弥陀如来(あみだにょらい)とその脇侍菩薩(きょうじぼさつ)である観音菩薩(かんのんぼさつ)と勢至菩薩(せいしぼさつ)は国宝に指定されていますが、このお寺には、もうひとつ国宝に指定されている仏さまがいらっしゃいます。それが薬師如来です。薬師如来は、歴代門跡のお位牌をおまつりしている霊明殿(れいめいでん)のご本尊です。いまから1000年あまり前に、白河天皇(しらかわてんのう)の皇子である覚行法親王(かくぎょうほっしんのう)の発願により造られました。像高11cmと小柄ですが、白檀(びゃくだん)で造られた、とても美しい仏さまです。霊明殿は、御殿(ごてん)の拝観料に含まれています。


国宝:薬師如来(やくしにょらい)について
正式名称 もくぞうやくしにょらいざぞう
木造薬師如来坐像
造像年代 平安時代(1103年)
国宝指定 平成2年(指定番号117)
所蔵寺 仁和寺
所在地 京都府京都市右京区御室大内33
仁和寺
周辺
宿泊施設
拝観料 御殿500円、霊宝館500円
アクセス JR花園駅から徒歩15分
嵐山電鉄北野線御室仁和寺駅から徒歩2分
TOPPAGE  TOP