解説天の種類

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク

ここでは梵天をはじめとする、天の種類についてご紹介します。

明王・天とは?~その他の仏像


ぼんてん
梵天
ヒンズー教の宇宙創造の最高神です。仏教に取り込まれ、天部の最高神となりました。悟りをひらいたお釈迦さまに、ひとびとに説法しなさい、と促しました。
たいしゃくてん
帝釈天
 ヒンズー教の神さまです。仏教では、梵天と同格に扱われる、天部の最高神です。
してんのう
四天王
東西南北を護るインドの神さまでした。仏教では、帝釈天の部下として、仏教世界の中心である須弥山(しゅみせん)の4つの門を護っています。東を持国天(じこくてん)、南を増長天(ぞうちょうてん)、西を広目天(こうもくてん)、北を多聞天(たもんてん)といいます。
びしゃもんてん
毘沙門天
四天王のひとり多聞天です。武神として多くの信仰を集めてきました。上杉謙信が「毘」の字を掲げていたのは有名です。
きっしょうてん
吉祥天
美と福徳の女神さまです。毘沙門天の妻とされています。
べんざいてん
弁財天
水の女神さまです。はじめ「弁才天」と書きましたが、後に「財」の字が用いられ、金運の女神さまとしても信仰を集めました。

TOPPAGE  TOP