解説如来の種類

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
ここでは釈迦如来をはじめ、阿弥陀如来、薬師如来など
「如来」の種類についてご紹介します。

しゃかにょらい
釈迦如来
仏像は、仏教の開祖として信仰されたお釈迦さまを目に見える形で崇めるために造られたのがはじまりです。ですから、悟りを開いた後のお釈迦さまのお姿を現したこの仏像は、特に多く造られています。
銅造釈迦如来坐像(蟹満寺)
木造釈迦如来立像(清涼寺)
あみだにょらい
阿弥陀如来
極楽浄土の教主とされ、極楽往生を約束するとされています。
木造阿弥陀如来坐像(法界寺)
木造阿弥陀如来坐像(広隆寺)
木造阿弥陀如来坐像(浄瑠璃寺)
木造阿弥陀如来坐像(平等院)
木造阿弥陀如来立像(禅林寺)
やくしにょらい
薬師如来
病気平癒のお力があるとされています。正式には「薬師瑠璃光如来(やくしるりこうにょらい」といい、「如来」のなかで唯一、持物(じぶつ)として薬瓶を持っています。
木造薬師如来立像(神護寺)
木造薬師如来坐像(仁和寺)
びるしゃなにょらい
毘盧舎那如来
太陽が光をあまねく照らすように、お釈迦さまの伝える真理を広める仏さまです。略して「毘盧舎那仏(びるしゃなぶつ)」とも呼ばれます。「毘盧舎那如来」はサンスクリット語の音訳なので、その意味を漢訳した「光明遍照(こうみょうへんじょう)」ともいわれます。
だいにちにょらい
大日如来
特に密教の教えのなかで「毘盧舎那如来」をさらに発展させ、仏法の宇宙そのものとされています。「如来」のなかで唯一、宝冠を被り、瓔珞(ようらく=ネックレス)、臂釧・腕釧(ひせん・わんせん=ブレスレット)という装身具をしています。
その他の如来 あまり作例はありませんが、他にも五智如来(ごちにょらい)、阿閃如来(あしゅくにょらい)、不空成就如来(ふくうじょうじゅにょらい)、宝生如来(ほうじょうにょらい)、如来の頭部の一部を仏化した仏頂尊(ぶっちょうそん)、同じく眼を仏化した仏眼ぶ仏母尊(ぶつげんぶつもそん)などもあります。
TOPPAGE  TOP