解説釈迦如来・蟹満寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
蟹満寺の釈迦如来(しゃかにょらい)
国宝
釈迦如来(しゃかにょらい)
蟹満寺

蟹満寺(かにまんじ)は、京都府の南に位置する飛鳥時代に創建された古刹です。その本堂に安置されているのが、いまから1300年前に造られた釈迦如来です。仏さまはお座りになっていますが、高さ240cmと大きく、長い年月を経て金箔が落ち、いまは落ち着いた風合いのお姿です。

蟹満寺という寺名は、お寺の名前としては珍しいかも知れません。その由来は、今昔物語(こんじゃくものがたり)という平安時代末に編纂された、仏教説話集にも登場する蟹にまつわる伝説に由来しています。優しいひとりの娘が、蟹を食べようとしていた村人から蟹を買い取り、逃がしてやりました。その後、娘を嫁にしようと訪れた蛇を蟹が身を挺して追い返しました。娘のために蛇と戦い死んだ蟹を供養するため、ここにお寺を建てたのが、蟹満寺のはじまりとのことです。


国宝:蟹満寺の釈迦如来について
正式名称 どうぞうしゃかにょらいざぞう
銅造釈迦如来坐像
造像年代 奈良時代(白鳳時代)
国宝指定 昭和28年(指定番号77)
所蔵寺 蟹満寺
所在地 京都府木津川市山城町綺田浜36
蟹満寺
周辺
宿泊施設
拝観料 境内無料
本堂500円
アクセス JR京都駅から約1時間
またはJR奈良駅から約40分、JR奈良線棚倉駅から徒歩20分
TOPPAGE  TOP