解説菩薩の種類~その他の菩薩

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク

ここでは、観音菩薩以外の「菩薩」の種類についてご紹介します。


みろくぼさつ
弥勒菩薩
サンスクリット語で「慈悲」をあらわす仏さまです。お釈迦さまの後継者で、お釈迦さまが亡くなってから56億7千万年後に如来となって、ひとびとを救うといわれています。成仏(悟りをひらいて仏さまになること)を約束された菩薩として、多くの信仰を集めてきました。
木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒・広隆寺)
木造弥勒菩薩半跏像(泣き弥勒・広隆寺)
こくうぞうぼさつ
虚空蔵菩薩
果てしなく広がる大空のような福徳と智慧を兼ね備えた仏さまです。また、記憶力アップにもご利益があるそうです。
木造五大虚空蔵菩薩坐像(神護寺)
じぞうぼさつ
地蔵菩薩
華やかな菩薩像のなかで唯一、僧形で造られます。お釈迦さまが亡くなってから弥勒菩薩がおいでになるまでの時代に、ひとびとを救うためにおいでになる仏さまとされています。日本では、子供の守り仏としても多くの信仰を集めています。
木造地蔵菩薩立像(壬生寺)
もんじゅぼさつ
文殊菩薩
「3人寄れば文殊の智慧」といわれるように、智慧の仏さまとして信仰されています。
ふげんぼさつ
普賢菩薩
仏教では、特に女性は不浄のものとされ、仏になれないという教えがありますが、この仏さまは、女人往生を約束してくださる優しい仏さまです。
その他の菩薩 他にも、昼も夜もあまねく照らしてくださる日光菩薩(にっこうぼさつ)・月光菩薩(がっこうぼさつ)、鎮護国家にご利益のある五大力菩薩(ごだいりきぼさつ)、直感的な智慧を得ることができる般若菩薩(はんにゃぼさつ)など、多くの菩薩さまがいらっしゃいます。

TOPPAGE  TOP