解説千手観音・法性寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
法性寺:千手観音(せんじゅかんのん)国宝
千手観音(せんじゅかんのん)
法性寺


法性寺(ほっしょうじ)は、平安時代の大貴族、太政大臣藤原忠平(ふじわらただひら)発願の古刹です。現在は、寺域もこじんまりとしたお寺ですが、歴史の重みを感じさせ、典雅な雰囲気をただよわせています。

千手観音は、像高110cmばかり。まるいお顔に、つむっているような目、ちいさめな口は、愛らしささえ漂い、どこか日本の様式とは雰囲気の異なる仏さまです。ご尊顔を拝するには、予約が必要です。


国宝:法性寺の千手観音について
正式名称 もくぞうせんじゅかんのんりゅうぞう
木造千手観音立像
造像年代 平安時代
国宝指定 昭和27年(指定番号48)
所蔵寺 法性寺
所在地 京都府京都市東山区本町16
法性寺
周辺
宿泊施設
拝観料 無料
※要予約(075-541-8767)
アクセス JR・京阪東福寺駅から徒歩3分
TOPPAGE  TOP