解説如意輪観音・願徳寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
願徳寺:如意輪観音(にょいりんかんのん)国宝
如意輪観音(にょいりんかんのん)
願徳寺


願徳寺(がんとくじ)は、いまから1300年以上も前、持統天皇(じとうてんのう)の発願により創建された古刹です。応仁の乱や織田信長(おだのぶなが)の焼き討ちに遭い、かつての広大な伽藍は見る影もなくなりました。いまは小さなお寺ですが、由緒に相応しい風雅な趣をただよわせています。

如意輪観音は、像高88cmばかり。
お座りになって右足を下ろし、左足を右足の膝の上に乗せるという半跏(はんか)の姿勢をされています。この姿勢は、特に弥勒菩薩像に多いのですが、上半身のご様子が少し違います。

お寺では如意輪観音として安置されており、文化庁に登録されている正式名称は、ただ「木造菩薩半跏像」としています。流れるような衣紋が彫り込まれた美しい仏さまです。


国宝:願徳寺の如意輪観音について
正式名称 もくぞうぼさつはんかぞう
木造菩薩半跏像
造像年代 平安前期
国宝指定 昭和22年(指定番号103)
所蔵寺 願徳寺
所在地 京都市西京区大原野南春日町1223の2
願徳寺
周辺
宿泊施設
拝観料 400円
※例年2月は電話予約要
アクセス JR桂駅から車で20分、阪急洛西口から車で20分
TOPPAGE  TOP