解説弥勒菩薩(泣き弥勒)・広隆寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
広隆寺:弥勒菩薩(みろくぼさつ)国宝
弥勒菩薩(みろくぼさつ)(泣き弥勒 なきみろく)
広隆寺


広隆寺(こうりゅうじ)は、京都に都が置かれるよりも前に、京都の地に創建された古刹です。その由緒を示すように、このお寺には、6組もの国宝に指定された仏像が安置されています。

そのなかで特に有名なのが、弥勒菩薩です。
広隆寺には2体の弥勒菩薩が伝わっていますが、2体とも、台座に腰掛け、片足を下ろし、もう片足を下ろした方の足の太ももの上に乗せる(半跏/はんか)という、同じ姿勢をしています。造像年代も同じくらいなので、ひとつは宝冠弥勒、もうひとつは泣き弥勒と呼ばれています。

泣き弥勒は、宝冠弥勒よりも少し小ぶりな大きさで、やはり1300年以上も前に造像され、霊宝館に安置されています。

静かに微笑む宝冠弥勒と比べ、困ったような哀しんでいるようなお顔が印象的です。そのため、「泣き弥勒」と呼ばれていますが、高く結い上げた髪形から、高髻弥勒(こうけいみろく)とも呼ばれています。


国宝:広隆寺の弥勒菩薩(泣き弥勒)について
正式名称 もくぞうみろくぼさつはんかぞう
木造弥勒菩薩半跏像
造像年代 飛鳥時代
国宝指定 昭和27年(指定番号50)
所蔵寺 広隆寺
所在地 京都府京都市右京区太秦蜂岡町32
広隆寺
周辺
宿泊施設
拝観料 境内無料
霊宝館700円
アクセス 京福電鉄嵐山線太秦広隆寺駅から徒歩5分
TOPPAGE  TOP