解説五大虚空蔵菩薩・神護寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさつ) 国宝
五大虚空蔵菩薩(ごだいこくうぞうぼさつ)
神護寺


神護寺(じんごじ)は、京都の中心部から北西にある高雄山(たかおさん)の中腹になる山岳寺院です。開基は、和気清麻呂(わけのきよまろ)。最澄(さいちょう)が講義を行なったり、空海(くうかい)が在籍していたこともある名刹です。

五大虚空蔵菩薩は、五体の仏さまです。像高90cmばかりの仏さまが横並びになって、多宝塔に安置されています。五体の仏さまは、中尊の法界(法界)虚空蔵、向かって左から金剛(こんごう)虚空蔵、宝光(ほうこう)虚空蔵、向かって右から業用(ごうよう)虚空蔵、蓮華(れんげ)虚空蔵、と並んでおられます。通年公開はされていませんが、季節によっては特別公開されることがありますので、拝観できる機会もあります。


国宝:神護寺の五大虚空蔵菩薩について
正式名称 もくぞうごだいこくうぞうぼさつざぞう
木造五大虚空蔵菩薩坐像
造像年代 承平年間(840年頃)
国宝指定 昭和27年(指定番号28)
所蔵寺 神護寺
所在地 京都府京都市右京区梅ヶ畑高雄町5
神護寺
周辺
宿泊施設
拝観料 500円
アクセス JR京都駅から車で60分
阪急京都駅・京都市営地下鉄烏丸線四条駅から車で50分
TOPPAGE  TOP