解説阿弥陀三尊・三千院

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
三千院の国宝阿弥陀三尊(あみださんぞん)三千院 国宝
阿弥陀三尊(あみださんぞん)
三千院


三千院(さんぜんいん)は、天台宗の開祖最澄(さいちょう)が、自ら彫った薬師如来(やくしにょらい)を安置したお堂を造ったことがはじまりです。その後、出家した皇族の皇子や王子が門跡を務めました。

阿弥陀如来(あみだにょらい)は、脇侍菩薩(きょうじぼさつ)二体を従えて、往生極楽院(おうじょうごくらくいん)のご本尊として安置されています。向かって左は、慈悲を表す観音菩薩(かんのんぼさつ)、向かって右は、智慧を表す勢至菩薩(せいしぼさつ)です。三体合わせて国宝に指定されています。いまから1000年近く前に造られた仏さまです。


国宝:三千院の阿弥陀三尊について
正式名称 もくぞうあみだにょらいおよびりょうきょうじざぞう
木造阿弥陀如来及両脇侍坐像
造像年代 久安4年(1148年)
国宝指定 平成14年(指定番号125)
所蔵寺 三千院
所在地 京都府京都市左京区大原来迎院町
三千院
周辺
宿泊施設
拝観料 700円
アクセス 京都バス洛北・大原方面行き乗車、大原バス停より徒歩10分
京都駅から約60分
TOPPAGE  TOP