解説阿弥陀如来・法界寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
法界寺の阿弥陀如来 国宝
阿弥陀如来(あみだにょらい)
法界寺


法界寺(ほうかいじ)は、平安時代に建立された名刹です。医薬の仏さまとして信仰のある薬師如来(重要文化財)をご本尊としていますが、浄土信仰も篤く、阿弥陀堂には阿弥陀如来が安置されています。

藤原氏の一族日野氏の氏寺として建立されました。日野氏出身の親鸞上人はこのお寺で誕生したそうです。また、室町時代の8代将軍足利義政夫人日野富子も日野氏の出身です。


国宝:法界寺の阿弥陀如来について
正式名称 もくぞうあみだにょらいざぞう
木造阿弥陀如来坐像
造像年代 平安時代
国宝指定 昭和27年(指定番号26)
所蔵寺 法界寺
所在地 京都府京都市伏見区日野西大道町19
法界寺
周辺
宿泊施設
拝観料 500円
アクセス 京都市営地下鉄東西線石田駅から徒歩20分
TOPPAGE  TOP