解説阿弥陀如来・平等院

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
平等院の阿弥陀如来 国宝
阿弥陀如来(あみだにょらい)
平等院


平等院(びょうどういん)は、京都の中心から南に位置する宇治にあります。この地は、「源氏物語」の「宇治十帖」の舞台にもなった、平安貴族の別荘が営まれた地でした。平等院は、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されています。鳳凰堂は、10円玉の模様にも採用され、きっと目にしない日はないでしょう。

阿弥陀如来は、平安時代後期の仏師として名高い定朝(じょうちょう)作と確定されている唯一の仏さまとしても著名です。像高280cmあまり。円満で優しげなお姿は、平安貴族に愛されました。いまもその優美なお姿は、鳳凰堂の中堂のなかで拝することができます。


国宝:平等院の阿弥陀如来について
正式名称 もくぞうあみだにょらいざぞう
木造阿弥陀如来坐像
造像年代 10世紀後半から11世紀前半
国宝指定 昭和26年(指定番号97)
所蔵寺 平等院
所在地 京都府宇治市宇治蓮華116
平等院
周辺
宿泊施設
拝観料 鳳凰堂300円(入園料時に別途600円必要)
アクセス JR宇治駅から徒歩10分
京阪電鉄宇治線京阪宇治駅から徒歩10分
TOPPAGE  TOP