解説五大菩薩・東寺

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
スポンサードリンク
東寺:五大菩薩(ごだいぼさつ) 国宝
五大菩薩(ごだいぼさつ)
東寺(教王護国寺)


東寺(とうじ)は、平安京遷都の際に置かれた古刹です。

平安京建設の際に、都の守りとして、入り口である羅城門(らじょうもん)を入った左右に、メインストリートの朱雀大路(すざくおおじ)を挟んで2つのお寺が建立されました。その東側にあたるお寺が東寺です。なお、対になっていた西寺(さいじ)は廃れてしまいました。

東寺ははじめ国営のお寺でしたが、嵯峨天皇(さがてんのう)から空海(くうかい)へ下賜されます。現代も空海への信奉篤く、多くの寺宝と立派な伽藍で「お大師さまのお寺」として親しまれています。新幹線で京都駅に入るときに南側に見える五重塔が目印です。

国宝に指定されている五大菩薩は、金剛薩捶(土垂)(こんごうさった)・金剛法(こんごうほう)・金剛宝(こんごうほう)・金剛業(こんごうごう)の四菩薩です。

残念ながら、中尊の金剛波羅蜜多菩薩(こんごうはらみったぼさつ)は、後世の修復が多く、国宝指定から除外されています。これらの仏さまは講堂に安置されていますが、講堂には他にも多くの仏さまが安置され、仏さまのいらっしゃる世界をリアルに見られる立体曼荼羅(りったいまんだら)が形成されています。これは空海が作り上げた壮大な仏さまの世界です。この仏さまたちの前に立つと、何とも不思議な高揚感を感じることでしょう。


国宝:東寺の五大菩薩について
正式名称 もくぞうごだいぼさつざぞう
木造五大菩薩坐像
造像年代 平安時代
国宝指定 昭和29年(指定番号83)
所蔵寺 教王護国寺
所在地 京都府京都市南区九条町1
東寺
周辺
宿泊施設
拝観料 境内無料
金堂ほか(通年と季節による)500円から1,300円
アクセス JR京都駅から徒歩15分、近鉄東寺駅から徒歩10分
TOPPAGE  TOP